2パターンの抑え方をマスターしよう

ワンデイでいちばん厄介なのが強いピヴォがいるチーム。強いピヴォ対策には、ポールにプレッシャーがかかっているときとかかっていないときの2パターンがあります。

ポールにプレッシャーがかかっているときは、フィフソはピヴォの前に出てパスカットを狙いましょう。自分の哀のスペースが気になると思いますが、ペナルティー工リアよりちょっと前までのゾーンは、コレイ口か’カハーします。こうすることでピヴォが下がれば、ゴールから遠ざけられます。

また、コールクリアランスやキックインなどボールにプレスがかかっていない(かけられない)ときは、相手は自由にポールを蹴れる(投げられる)ので、精度の高いポールが来る確率が高くなります。アラの2枚はピヴォの近くにいて、ポールが出たらフィクソと連携して守りましょう。パスが通ってからいくのではなく、パスが出た時点、で寄せることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *